綾瀬の蔵

東京都足立区にある綾瀬駅にほど近い、古くから残る蔵の改修を行いました。明治時代に建てられ当初は質屋として利用されていたものの、のちには物置となり長い間暗く閉ざされた状態でした。オーナーからの蔵の改装の要望を受け、書斎としての機能と、地域とのつながりを生むコミュニティの場としての機能を持たせた、ひらかれた蔵をコスモスモアは提案いたしました。。
蔵の改修に際しては、蔵が持つ建築的特徴を活かしながら現代のライフスタイルに合った室内環境を実現させる工夫を。また歴史的な価値を持つ建築物を次の世代へも受け継ぐために、改修にあたっては多くのものを元々あったものを利用し加工・再利用しています。

01 外観

蔵外観。その古くからの変わらない姿は、地域にとっても大きな意味を持つシンボリックな存在でした。

02 内観-1

蔵の内部は、元々あった天井板を撤去し力強い小屋裏の梁を現(あらわ)にしました。また梁上に間接照明を設置し、空間を美しく見せる演出を施します。暗く閉鎖的だった空間が見違えるように解放感のある広がりを持ちました。既存の木部は灰汁洗いし、元々持つ木肌の美しさを取り戻しました。

03 内観-2

元々引き違い窓だったところをFIX窓へと変更し、美しい庭園をピクチャーウィンドウで切り取るような形で活かすかたちとしています。窓面に向かう形で書斎用のカウンターを設け、視界を確保するために脚部を遮らないL字形状のテーブルとしました。

04 内観-3

テーブル上にはすっきりとしたペンダント照明を設置し、手元の明るさを確保。

05 内観-4

保存されていた杉の一枚板を利用し、木目の美しいテーブルに。
大きなテーブルを囲んで地域のコミュニティの場としても利用が可能になりました。

06 内観-5

解体した天井板をルーバーとして再利用。中央部分が観音開きになり、手前の書斎スペースと奥の土間スペースとのつながりが生まれます。

07 内観-6

漆喰壁は新たに塗りなおし、元の意匠を美しく蘇らせました。

2016年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。

プロジェクト概要 About Project

事業区分
リノベーション事業
クライアント名
株式会社大室産業
規模(坪)
11坪
実施内容
蔵改修デザイン提案・造作家具工事
竣工時期
2015年9月
業種
-
立地
東京都足立区

お問い合わせ CONTACT

インターネットから

Online Inquiries
CLICK HERE

お電話で

By Phone
東京本社TOKYO
03-5427-4600[+81-3-5427-4600]
大阪支店OSAKA
06-6243-1181[+81-6-6243-1181]

[受付時間 : 平日9:00-17:30]